永代供養を行う人が増えています

subpage1

近年、少子化と過疎化によって、地方の田舎のお墓を維持する事が難しくなっています。



地元には親族が誰も住んでおらず、お墓のみが残されている事も増えており、無縁化せずとも、精神的・経済的に負担が大きくなっているのです。



また都会では、昔ながらのお墓を建立しようにも、墓地・霊園が都会では見つける事が出来ず、また仮に墓地を確保できても、その墓地の永代使用権が高額に過ぎ、経済的に大きな負担となってしまうのです。


こうした背景の中、地方の田舎のお墓を墓じまいし、永代供養の合同墓や納骨堂に遺骨を移す人も増え、また新たに家族が亡くなれば、最初から永代供養を考える人が増え、結果的に永代供養を利用する人が増え続けているのです。



永代供養は、納骨時に一定の金額を支払えば、無縁仏化する事無く、その名の通り、永代に供養してくれるものです。

その形態には様々なものがあり、納骨堂に個別に遺骨を納める施設や、合同墓の下に納骨堂スペースを設け、そこに遺骨を納めるのや、自然の好きな故人の場合には、樹木葬を選ばれるケースも増えています。

故人が亡くなり、遺族が遺骨を納めるケースもあれば、終活として高齢者が生前に自分で予約し、費用も支払い、家族に迷惑かけない様にする方も増えています。少子化が進む中、一般のお墓を維持する事は難しく、高額で墓地を確保し、お墓を建立しても、何代も経ずして無縁化してしまう事を考えれば、こうした永代供養を選択する人が増えるのはある意味必然で、今後とも増え続けると言えるでしょう。

永代供養の秘訣

subpage2

少子高齢化、独身の増加などの現代代々のお墓の維持が難しくなくなっていることが多いのが現状です。お墓の継承者がいない、お墓が遠方過ぎる、維持管理などの負担をかけたくない、お墓を購入する資金不足など様々な状況から、今人気が高まっているのが永代供養墓です。...

next

永代供養のみんなの常識

subpage3

近年お墓の跡継ぎがいない、子どもに負担をかけたくないという考えから永代供養墓を選ぶ方が増加しています。永代供養墓には様々なメリットがありますが、最大のメリットは通常のお墓と違い跡継ぎの心配をする必要がないということです。...

next

永代供養の情報まとめ

subpage4

日本では急速な少子高齢化が進んでいますが、その影響から近年では自分の死亡した後にお墓参りやお墓の管理してくれる後継者がいないといった問題がでてきています。お墓を受け継いでくれる後継者がいない場合、それまで代々受け継いできたご先祖の供養を続けることができなくなってしまいますし、お盆やお彼岸にお墓を掃除したりできなくなります。...

next

永代供養について情報

subpage5

永代供養墓とは、寺院や公営の霊園などで永代供養を希望した故人の遺骨を合同で納める納骨堂のことです。塔の形をしていたり、観音や仏像の形をしていたりと、何かしらの象徴を意味する形をしています。...

next