後継者がいなくても安心して眠りにつける永代供養墓

subpage01

日本では急速な少子高齢化が進んでいますが、その影響から近年では自分の死亡した後にお墓参りやお墓の管理してくれる後継者がいないといった問題がでてきています。
お墓を受け継いでくれる後継者がいない場合、それまで代々受け継いできたご先祖の供養を続けることができなくなってしまいますし、お盆やお彼岸にお墓を掃除したりできなくなります。

また、後継者が途絶えてしまったお墓では悲しい現実が待っています。

それは無縁墓として最終的にお墓が撤去されてしまうことです。
無縁墓となってしまったお墓に眠っていたご先祖の遺骨は無縁仏となってしまい無縁墓へと埋葬し直されることになるのです。
そのため、近年では後継者いないご家庭の一部ではすでにあるお墓を一旦墓じまいをして、後継者のいない場合であっても永代的にお墓の管理や供養を行ってくれる永代供養墓へ遺骨を引っ越しさせる、あるいはその検討を始めるようになっています。永代供養墓とは、ほかの人たちの遺骨と一緒に同じお墓に埋葬される形式のお墓を指しますが、このタイプのお墓ではお寺が責任を持って永代的に供養を行ってくれるというメリットがあります。



つまり、子供がいないという人でも自分の死後のことを心配することなく安心して眠りに就くことができるのです。



最近では永代供養墓を運営している霊園やお寺の数も増えているので、後継者が途絶えてしまうということにお悩みの方は一度資料を取り寄せるなどして永代供養墓について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。