永代供養墓のメリットとは

subpage01

近年お墓の跡継ぎがいない、子どもに負担をかけたくないという考えから永代供養墓を選ぶ方が増加しています。



永代供養墓には様々なメリットがありますが、最大のメリットは通常のお墓と違い跡継ぎの心配をする必要がないということです。
お寺の住職や霊園の管理者がお墓の管理や供養をしてくれ、住職が供養祭をしてくれるところも多くあります。


永代供養墓は一般のお墓と比べると墓石を建てないため、墓石や工事費の心配がないためその分費用を抑えることができます。

始めに支払う料金の中に永代供養料、使用料や年間管理費、納骨料までが含まれている場合が多いため、1番始めに料金を支払えばその後の料金を支払う必要がないという点も魅力の1つといえるでしょう。
生前に申し込みをする場合は、会費や護持会費といった年会管理費が発生する場合があるため、申し込みをする時点でよく確認するようにしましょう。
また宗旨宗派を問わないため、誰でも希望することができるということもメリットです。お墓の中には檀家になることが条件のところもあるため、檀家を持っていない方でも気軽に申し込むことができます。

交通の便が多いところに霊園や墓地があることが多いため、お墓参りに行きやすいことも魅力です。



永代供養を行なってもお寺に相談し位牌を用意してもらえば、その後一般のお墓と同じように供養や仏壇にお供え物をすることもできるため、供養をしたいと考えている場合はお寺に相談してみると良いでしょう。