様々な形の永代供養墓 - 永代供養を行う人が増えています

様々な形の永代供養墓

subpage01

永代供養墓とは、寺院や公営の霊園などで永代供養を希望した故人の遺骨を合同で納める納骨堂のことです。


塔の形をしていたり、観音や仏像の形をしていたりと、何かしらの象徴を意味する形をしています。
少子高齢化が進み、先祖代々の墓地を管理する子孫がいない核家族が増えたため、ここ数年で合同墓や合同納骨堂の需要が急増中です。
子孫がいない人だけではなく、遠い田舎にある墓の先祖の遺骨を、永代供養墓のある公営霊園や寺院に移す若い世代も増えており、改葬と呼ばれています。公営霊園や寺院が代わりに管理をするとは言っても、年に1回くらいは法要を行いたいという遺族もおり、頻繁には墓参りできないが、命日くらいは供養したいという層にも合同墓や合同納骨堂は人気です。



永代供養墓の需要に伴い、公営霊園や寺院の他、民間の霊園でも自然葬と永代供養をセットにした墓を多く売り出すようになりました。



葬儀社と民間霊園がそれぞれ提携しあい、家族葬を済ませた遺骨を合同の納骨堂に納めるまでを1つのプランとしているため、格安で葬儀から埋葬までできます。
民間のため公営の霊園に比べて管理費用はかかりますが、民間霊園なら年1回の法要の他、遺族の都合の良い時期に法要を行える自由さが好評です。



檀家を持つ歴史のある寺院も、昨今の永代供養墓の人気を受けて合同墓や合同納骨堂を建てるようになってきています。
寺院の永代供養墓は僧侶が管理するため、管理費用が多少高額になっても、手厚い供養が受けられると根強い需要があります。