永代供養墓のメリット

subpage01

少子高齢化、独身の増加などの現代代々のお墓の維持が難しくなくなっていることが多いのが現状です。



お墓の継承者がいない、お墓が遠方過ぎる、維持管理などの負担をかけたくない、お墓を購入する資金不足など様々な状況から、今人気が高まっているのが永代供養墓です。


永代供養墓とは遺骨を納めた場所の供養管理を寺院や霊園側が永代に渡ってしてくれるお墓です。



継承問題の解決、宗教宗派関係なく入れる、費用が安く済む、最初に支払うお金以外はかからない、子孫がいつでもお墓参りできるなどメリットは多くあります。
常にお墓を管理し、きれいに保ち維持していくのは大変なことです。しかしながらお墓参りには自由に行きたいという現代の風潮にとても合っているお墓の形態と言えます。生前に予約することもできる所も多いので、自分で見て納得し予約しておく方も増えています。



寺院や霊園側が常に供養をしてくれる環境は心強くもあります。都心などは新しくお墓を購入するとなるととても高額になることや、それでも自分が働いていた場所、住んでいた場所で永遠の眠りを送りたいと考える方が増えたことで都内近郊に永代供養墓は増えています。

永代供養墓の中でも人気が高いのが樹木葬です。


これは墓石の代わりに植物を墓標にしたお墓です。死後は自然に還るというエコとロマンあふれた考えを持つ方が増えているのです。

自然の一部になるというのはとても美しいものです。
心休まる環境での永遠の眠りは魂になってからも安心することができます。